解散・清算

解散・清算する時に困らないために普段から気を付けたらいいこと。

親会社の意向で、利益が出ていても合併で突然解散ということもあります。 また、利益が親会社の期待するほど出ていない期間が相当程度続くと、解散、清算ということもあ...

続きを読む

海外の親会社からの突然の清算宣告。どうしたらいい?

従業員が直ちに解雇される場合が多いので、短い期間の間に業務の引継ぎを行っておくことが必要です。 例えば、出荷済かつ得意先への請求書未発行の有無の確認等は急務に...

続きを読む

清算の際の税務上留意点は?

繰越欠損金の利用方法に特別な取り扱いがあります。 親会社から債務免除を受ける際は、その点に、留意することが必要です。 残余財産が確定したら、その日から、1カ...

続きを読む

解散の際の税務上留意点は?

繰越欠損金の利用方法に特別な取り扱いがあります。 親会社から債務免除を受ける際は、その点に、留意することが必要です。 残余財産が確定したら、その日から、1カ...

続きを読む

解散する時はどのような時?

株主総会の決議による任意解散の他、合併や、破産により、破産手続きの開始決定による解散もあります。 債務超過で、債務の弁済に問題があると想定される場合は、債権者...

続きを読む

解散と清算の違い

解散の事由にはいくつかありますが、一般的なのは、株主総会決議による、任意解散だと思います。 解散後、清算手続きに入っていきます。 解散すると清算人が選任され...

続きを読む

解散・清算時の資金繰り

残余財産がないと見込まれるときに期限切れ欠損金を損金算入することができます(法人税法59条3項)。 外国法人の子会社の場合、清算手続きをスムーズに行うため、親...

続きを読む

解散・清算の基本的な知識

解散にはいくつかの事由がありますが(会社法471条)、代表的なのは、以下の3つだと思います: 株主総会での決議による任意解散 合併 破産手続き開始の決...

続きを読む